突然発症するアレルギーの厄介さ

突然発症するアレルギーの厄介さ

突然発症するアレルギーの厄介さ

最近、アレルギーになっている人が多いと聞きます。

 

食べ物から環境に至るまで様々な種類があり、食品ではアレルギー品目の表示が付いている食べ物を多く見かけるようになりました。

 

私の身の回りだと、父が甲殻類アレルギー、私は花粉と埃アレルギーになっています。

 

父のは生まれつきだそうですが、私はアレルギーなど全くなかったのにここ2,3年で症状が見られるようになってきました。

 

最初のうちはくしゃみを数回する程度でしたが、今では涙こそ出ないものの目がとても痒くなったり、嫌になるほど鼻づまりや鼻水が出たりします。

 

アレルギーの発生には体質のデリケートさやストレス、生活環境が大きく関わっているそうです。

 

免疫力の低い子供はなにかとアレルギーになりやすいですし、私のように大人になってから突然発症することもあります。

 

厄介なのが突然なってしまうことで、それまでが快適に過ごせていただけに花粉や埃などに対して非常に神経質になってしまいます。

 

薬を用いてもその場しのぎで、根本的な体質が改善することはありません。

 

 

私の花粉や埃アレルギーは特に目に来るので、今年ついに我慢の限界が来てそれに対応した目薬を買いました。

 

その時だけですがすぐに痒みが治まったので、取り敢えず効果はあったようです。

 

ひたすらアレルギー症状の原因となるものを避けて生活しなくてはいけないというのは、実際にやってみるとかなり窮屈なものです。

 

環境の物質に対するアレルギーは、最近では専門の受診科ができたり薬が開発されるようになってきました。

 

私も今の状態よりも酷くなるようなら、一度病院に行って診察してもらおうと思っています。

こんにちは


ホーム RSS購読 サイトマップ